ブログ

意外と知られていない滋賀県出身の偉人

2017/11/28

「雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)」という方をご存知ですか?

滋賀県の歴史といえば、大河ドラマなどの影響からか「安土桃山時代」を思い浮かべる方が多いと思います。

滋賀県出身といえば、浅井長政、石田光成、藤堂高虎・・・、

出身ではございませんが織田信長、豊臣秀吉、山内一豊・・・、

幕末だと井伊直弼・・・、

などが有名すよね。

雨森芳洲は江戸時代中期の人で、現在の滋賀県長浜市高月町雨森で生まれました。

新井白石らと同じ門下で学んだ秀才で、語学が堪能で人格者だったそうです。

特に、中国語・韓国語が得意だったので、対馬藩で(今風に言うと)外交官をしていました。

芳洲に関する資料は、芳洲の生家跡に建設された東アジア交流ハウス雨森芳洲庵にたくさん展示されています。

芳洲の事、当時の幕府や外交(主に朝鮮との外交)の事を学ぶことができます。

 

長浜城歴史博物館(滋賀県長浜市)からポスターとチラシが届きました♪

20171128長浜城 (1)

 

20171128長浜城 (2)

 

興味のある方はぜひ学んでみてください。

このページの先頭へ